令和6年 第1回定例会 03月18日 本会議 一般質問
日 程 内 容 再 生
午前の部 午前の録画総合配信
午後の部 午後の録画総合配信
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
22番
周藤雅彦
 
災害時の対策と対応
01
阪神淡路大震災・東日本大震災・能登半島地震からの教訓
02
災害時に住民が必要としたもの
03
行政における災害時対応の準備
武道館建設
01
学校教育からみた武道についての考え
02
武道館建設の市長の考え
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
1番
小島強
買い物支援について
01
現在における買い物弱者への支援状況について
02
今後の買い物弱者への支援について
03
配達・移動販売支援の無料化について
鉛の危険性について
01
桐生市の土壌における鉛調査の現状について
02
桐生市の鉛製給水管の状況について
  現在と今後の予定
03
公共施設や古い建物の水質検査状況について
04
きりゅう暮らし応援事業の補助対象について
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
3番
飯島英規
生存権侵害(生活保護業務不適切対応)について
01
申請の場面における生存権侵害ではないか。2015年7月事案(記録なし)「男性は、市営住宅において、ライフラインは全て止められ、石油ストーブの燃焼筒に外で拾い集めた木くずを入れてマッチで着火し、わずかに残ったコメを煮炊きしていた。料理人として働いていたが、心臓疾患、体調悪化、就労困難状態が続いていた。」について
02
執行の場面における生存権侵害ではないか。2023年8月事案(記録あり)「男性は、8月18日から保護費を受給していたが、桐生市は、この男性に対し、支給開始日から生活扶助費を1日1,000円ずつ窓口で手渡して支給していた。本来支給される生活扶助費は、月額約7万円であるが、1日1,000円ずつ支給される生活扶助費では、1カ月で3万円程度にしかならず、生活保護法が規定する生活扶助費を大きく下回っていた。」について
03
刑法上の犯罪行為(文書偽造罪)ではないか。2023年8月事案(記録あり)「受給者から9月分保護費の受領印を押していないことの申し出があった。桐生市は、本人から受領印をもらわず、福祉課に保管してあった認印を受領簿に押していたことを認めた。」について
04
受給者数10年半減問題(2011年度の1,163人から2022年度の547人と半減)。この10年で、生存権の申請権侵害がどの程度行われ、申請に至った後却下・取下げ、辞退、廃止、どのように執行が行われたのか、大規模かつ詳細な調査分析が必要ではないか
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
16番
辻正男
業務インフラの見直しについて
01
複合機(コピー、プリンター機能)への変更について
02
現在使用インクトナーについて
学校事務のデジタル化について
01
学校事務のデジタル化について
02
学校のデジタル化の現状と達成率
03
これからの課題について
04
使用しているプリンターについて
05
リサイクルインクトナーの使用について
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
7番
工藤英人
再生可能エネルギーについて
01
桐生市の考え方について
02
現況について
03
地熱発電事業者と連携する事について
新里地区・黒保根地区の地域振興について
01
新里地区の「地域おこし協力隊」の活動について
02
黒保根地区の「地域振興」について
03
両地区での総括について
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
5番
渡辺恒
桐生市が行ってきた人権侵害の生活保護行政の検証について
01
2010年ころからの相談件数、人数、申請数、却下数・率について
02
ケースワーカーの人員推移と2011年以降の急激な保護開始件数の減少について
03
これまでの人権侵害、違法性の疑われる、不適切な運用がなぜ行われてきたのかについて
生存権に関わる下水道事業のウォーターPPP導入をやめることについて
01
ウォーターPPP導入検討の動機について
02
ウォーターPPP、民間企業が管理・運営することと、自治体のリスクについて
03
ウォーターPPP導入はやめることと、国に対し異議の意見を上げることについて
順序 議席番号・
議員氏名
件名 質問項目 (要旨含む) 再生
8番
園田基博
市営住宅の有効活用
01
市営住宅の入居率について
02
国が示す公営住宅の目的外使用について
03
公営住宅の地域対応活用について
04
提案:
  ①ドワンゴ学園の生徒に対するスクーリング学生寮としての活用
  ②技能実習生寮としての活用
地域のドライバー不足解消
01
桐生市のタクシー運行状況について
02
2024年4月に限定解禁されるライドシェアについて