令和2年 第3回定例会 09月17日 本会議 一般質問
日 程 内 容 再 生
午前の部 午前の録画総合配信
午後の部 午後の録画総合配信
順序 議席番号・議員氏名 10番・久保田裕一 再生
1 件 名 質問項目 (要旨含む)
レスポンシブル・ツーリズム(責任ある観光)について
01
ポストコロナを見据えるなかで、観光客と受入れ地域の双方に責任ある行動を求める観光(レスポンシブル・ツーリズム)のあり方を、市としてどのように捉え、どのように位置付けていくか
02
自然を活かした観光のあり方について
03
ココヘリ(会員制捜索ヘリサービス)の導入について
定住促進について
01
コロナ禍での定住促進の動向について
02
農地の取得下限面積の引き下げについて
03
新里町での地域おこし協力隊導入について
04
特定地域づくり事業協同組合制度について
順序 議席番号・議員氏名  1番・石渡宏明 再生
2 件 名 質問項目 (要旨含む)
新しい生活様式について
01
コロナ禍で培われた「教訓」と「働き方の変化」について
02
標語「『きりゅう』新生活スタイル」周知について
03
新たな「桐生ぐらし応援(定住・移住化)施策の策定について
04
他自治体事例を参考とした「通学・通勤費補助」によるUターン者支援について
順序 議席番号・議員氏名  5番・渡辺恒 再生
3 件 名 質問項目 (要旨含む)
地域の産業の振興とシェアリングエコノミーの方向性について
01
地元業者の実態把握と産業政策への参画について
02
事業継承について
03
設備の充実支援とリユースの活用について
04
シェアリングエコノミーに関する方向性の提案について
抜本的な水害対策について
01
水害の想定と堤防、河川の現況について
02
新庁舎建設にあたり、抜本的な水害対策(堤防の強化、浚渫、樹木の伐採等)について
順序 議席番号・議員氏名 18番・新井達夫 再生
4 件 名 質問項目 (要旨含む)
ソーラー発電について
01
山林での設置について
02
条例について
小中一貫校について
01
目指す方向について
02
これまでの研究の取り組みについて
03
保護者や地域への説明について
順序 議席番号・議員氏名 21番・福島賢一 再生
5 件 名 質問項目 (要旨含む)
森林環境譲与税の諸課題について
01
私有林人工面積割、林業就業者割及び人口の桐生市への譲与税配分額の確定額について
02
配分された譲与税の使途について
03
伐採管理に適さない森として、桐生市が管理している物件数及び民間業者への管理委託している物件数について
04
大都市優先の譲与税配分制度について
市庁舎建設に伴う諸事について
01
市庁舎建設に伴い、市内各自治会、市民対象とした説明会を開催し、市民の庁舎建設に対する理解度は何%位か
02
みどり市との合併に支障を来たさない様な庁舎構造とするのか
03
執務環境現況調査業務委託の契約方法並びに契約金額について
04
公募型プロポーザルにおける質問書提出の数と参加申出の数について
05
一次審査に採択されたコンサルの数及び審査に携わったメンバーについて
06
プレゼンテーションヒアリングに出席されるメンバーについて
07
工事発注の段階での地元企業、参画について
順序 議席番号・議員氏名  3番・飯島英規 再生
6 件 名 質問項目 (要旨含む)
ウイルスと人の免疫機能
01
細胞60兆個の化学反応の円滑な連鎖。これに欠かせない酵素とは、人体に何種類ほど存在し、どんな役割を担っているか
02
エンジンオイルがなければエンジンが円滑に回転しないように、酵素を正常に働かせるには、酵素を補うもの、すなわち補酵素と呼ばれるものが不可欠。それは何で、どんな役割を担い、何種類が人体に必須といわているか
03
必須ミネラル、今私たちは、とりわけ子供たちは十分に摂取できているか
04
十分に摂取できない要因は何か
05
カロリーは十分だが、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養素がとれない、いわゆる現代型栄養失調、行政当局の認識は
06
細胞60兆個の化学反応の円滑な連鎖が行われれば、人は病にもウイルス感染症にも侵されにくい。人間の健康を司る5大栄養素、糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルのうち、最も重要な優先度の高い栄養素は何か
ウイルスと医療崩壊
01
新型コロナウイルス感染症、第一波の流行時、発熱イコール死の不安を感じる市民が、医者に駆け込むと、診察はなく、県の電話番号を告げられるだけ。その電話に掛けると、何度掛けても通じない。公立病院厚生病院に駆け込んでも、県の電話番号を告げられるだけ。そして通じない。自宅で待機せざるを得ない。医療へのアクセスが遮断された状態、まさに入り口での医療崩壊が第一波の時点で既に起きていたのではないか
02
入り口での医療崩壊、現時点での改善状況
03
秋冬の大流行に備え、入り口と出口の医療崩壊を起こさないための方策は
04
医療的PCR検査ではなく、社会的PCR検査。イギリス、アメリカのニューヨーク州、東京の世田谷区などで行われている、大規模PCR検査、桐生市行政当局はどのようにお考えか
順序 議席番号・議員氏名  9番・近藤芽衣 再生
7 件 名 質問項目 (要旨含む)
コロナ禍における歩道空間の活用について
01
社会実験「歩道空間オープンテラス」について
02
市道への適応について