飯島 英規 議員

令和元年 第4回定例会 12月19日 本会議 一般質問
順序 議席番号・議員氏名  3番・飯島英規 再生
9 件 名 質問項目 (要旨含む)
桐生市の入札制度は、適法・公正・公平に運用されているか
01
予定価格の事前公表について。国の方針は事後公表、群馬県も事後公表。平成26年9月30日閣議決定 公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針の一部変更について。この指針を十分理解しているか。なおかつ事前公表をやめない理由は何か
02
(仮称)梅田浄水場 機械設備工事の入札 特定建設工事共同企業体2社による指名競争入札について、2社による指名であったことは違法ではないか。 桐生市契約に関する規則第13条(指名競争入札の入札者の指名)における特別な事情とは何か
03
(仮称)梅田浄水場 機械設備工事の入札 特定建設工事共同企業体2社による指名競争入札について、規則が予定する特別な事情があったのか
04
設計事務所と落札業者との間に不当・不公正な関係がある、との疑念。特記仕様書総則1-5 秘密の保持 受託者は、業務上知り得た秘密を他人に漏らしてはならない。平成31年1月18日付で公開した資料以外に打ち合わせ関連の公文書は存在しない、ということでよろしいか
死活問題の情報ギャップ。台風19号 7万人に初の避難勧告。7万人が、どこに、どのように避難するのか
01
桐生市のふれあいメールに、渡良瀬川、桐生川、ライブカメラと水位情報グラフへのリンクを張ってもらえないか、桐生市のツイッターにも張ってもらえないか
02
草木ダムが緊急放流されていたら、約100年に1回の大雨でほぼ浸水する水害ハザードマップ上のレッド地域は、どうなっていたか
03
なぜ、桐生市民に、国交省から入った情報(草木ダムの緊急放流の可能性)を、ふれあいメール・緊急速報メール等で伝達しなかったのか
04
渡良瀬川・高津戸ダム情報だけでは余りにも不十分。今後草木ダムの水位・雨量を市民が知る手立て(ライブカメラ、水位情報グラフなどで)はどのようになるか
05
7万人に出した避難勧告。7万人もどこに、どのように避難するのか。避難所が足りないのは明らか
06
災害時、市民の皆様に是非お願いしたいこと
散歩(S)防犯(B)ごみ拾い(G)、SBG運動の推進について
01
より多くの高齢者に戸外に出て頂きたい。散歩をして頂きたい。太陽の陽に当たって頂きたい。桐生市は、いたるところで、高齢者の方々を中心にして多くの人が散歩をしている、ウォーキングシティー。いけませんか?散歩に、社会への貢献感、利他の心を加える。散歩しながら、そこに防犯活動のジャッケットを加える。SBGジャケットを着て散歩してもらう。できればある程度の集団を組み散歩してもらう。より防犯効果が高まる。空き巣狙い、放火犯、愉快犯等の抑止に効果がある。子どもたちの登下校時に散歩してもらえば更に良い。更に片手にゴミ袋、片手に長めのトング(バーベキューなどに使う)を持ち、ついでにごみも拾ってもらう。散歩することがイコール防犯・環境美化になる。一挙両得ならぬ一挙三得。ただ散歩するだけで社会への貢献感すなわち幸福感が高まる。荒木市長、SBG運動いかがですか