飯島 英規 議員

平成31年 第1回定例会 03月18日 本会議 一般質問
順序 議席番号・議員氏名  3番・飯島英規 再生
5 件 名 質問項目 (要旨含む)
今そこにある危機、防災備蓄の強化(スーパーフレア危機)
01
桐生市全体で、貯水槽備蓄、食料品としての水備蓄はどの程度あるのか、どこに保管されているのか、いざというときは、どのような手順で、11万2千桐生市民に供給されるのか、また、1日当たり3リットル消費とカウントすると、11万2千桐生市民何日分もつ計算になるのか
02
水道局自家発電による水道水生産能力。11万2千桐生市民、何日分もつ計算になるのか
03
飲料水非常備蓄、自家発電水道水生産、その後はどうするか
04
食料品非常備蓄は、どのような種類が、どの程度の量、どこに配備されているのか。供給体制は。11万2千桐生市民、カロリーベースで何日もつ計算になるのか
05
大規模危難時、人は、小中学校公民館等、公共施設に集中する。トイレ数にも限界。水を流せないという前提で、危難時の排泄処理、どう備えているか
桐生市の入札制度は、適法・公正・公平に運用されているか
01
情報管理一般論。桐生市は、業者と様々な契約を行っているが、発注した工事、業務委託、及び約務で、「業者が知りえた秘密、情報、資料等(未完成の成果物及び業務を行う上で知りえた記録等を含む)を外部に漏らしてはならない」など契約書等で指導は行っているか
02
仮に市は発注した工事、業務委託及び約務で業者が知りえた秘密、情報及び資料等が様々な理由で外部に流出し、その結果、市及び市民に損害が発生した場合はどう対応するか、また、情報等を漏洩させる、もしくはそれを活用した業者にはどのように損害を賠償させるつもりか、例えば、指名停止はもちろんだが、契約額の20%を違約損害金として返金させるなどの措置を行うか